無呼吸症候群は内科で治療しよう|早期発見・早期解決が大切!

医者

睡眠の質を高める

睡眠

睡眠時無呼吸症候群は、就寝中の呼吸が止まることをいいます。呼吸が数秒ほど止まり、再度呼吸が始まり、しばらくたつとまた呼吸が数秒ほど止まるという症状です。睡眠時無呼吸症候群の特徴は、毎晩大きないびきをかくということです。いびきが突如止まり、豪快ないびきとともに呼吸が始まるケースが多いため、いっしょに寝ている人や家族から指摘されることが多くあります。第三者から呼吸の停止を指摘されたことがある人はクリニックで受診しましょう。睡眠時無呼吸症候群は日中、激しい眠気を引き起こしたり、疲れや倦怠感、頭痛などを招いたりします。また、集中力や注意力も低下してしまうため、交通事故や労働災害などを起こすリスクも高くなります。その上、高血圧や脳卒中になるリスクも高まります。適切な治療を受け睡眠時無呼吸症候群を改善していきましょう。

睡眠時無呼吸症候群は主に内科で受診することができます。気道や鼻腔がふさがるといびきをかきやすくなり、睡眠時無呼吸症候群になりやすいといわれています。マウスピースで気道を確保したり、薬物療法で脳物質をコントロールしたりすることで改善できます。また、最悪の場合手術が必要になる場合もあります。手術を有する場合は他の治療方法では改善が難しいため、症状が長引くといえます。質の良い眠りを取り戻すためにもすぐに受診しましょう。まずは内科で睡眠時無呼吸症候群のチェックを受けると適切です。また、クリニックによって検査や治療にかかる費用が異なります。自分に適したクリニックを見つけることも大切です。